クラッチマスター交換

3月3日
2月12日のことですが、仕事が終わって帰宅
時間があったのでマスターを交換することにしました^^
まずは、チェンジペダル部分のカバーを外します
IMG_0852_convert_20120212215133.jpg
レリーズのエア抜きにホースを接続して
クラッチレバーを握ってはレリーズのエア抜きを開けて
オイルが抜けたらエア抜きを閉めるを繰り返して
マスターのオイルを抜きます
IMG_0857_convert_20120303220239.jpg
オイルが付かないようにウエスを頑丈にかけて
オイルが、塗装に付着しないようにします
塗装についたら、すぐに水をかけるようにします^^;
とはいえ、オイルが塗装につかないように気をつけます^^
そして、マスター部分のオイルが抜けたらオイルホースを外します
マスターの蓋が閉めているのは、はずすときマスターが傾いて
オイルが溢れるのを防ぐためです^^;
IMG_0855_convert_20120212215204.jpg
新しいマスターを取り付けて
レバー、スイッチ、コードを取り付けます
このときに、レバー類に新しいグリースを付けます(^^)
パッキンの交換もしました^^
ホースを取り付けて、マスターにオイルを入れたら
最初は、レバーをニギニギします
マスターの底からエアーがでてきます
底の方から出てこなくなって、レバーが重くなったら
オイルを抜く時と同じようにしてオイルを足しては抜いていきます^^;
IMG_0860_convert_20120303220853.jpg
IMG_0861_convert_20120303220917.jpg
レリーズから新しいオイルが出てきて
エアーが出なくなったらエアー抜きを本締めします
後は、マスターの部分と、レリーズの所に水をかけます
ブレーキオイルは水溶性ですので
怪しい所にしっかりかけます(#^.^#)
取り付けた後は、こんな感じです(^^)
IMG_0858_convert_20120303220512.jpg
サイドスタンドなんで、傾きが少ないですが
真っ直ぐにすると結構傾いてます
IMG_0859_convert_20120303220826.jpg
握る重さは、2/3程度ですね
オイルを入れるときは、マスターを真っ直ぐになるように調整して
レバーはゆっくり握るようにしてエアー抜きをしました
また、オイルは8割は入れないと点検窓からオイルが見えなくなります(-.-)
純正なので、レバー、スイッチなどそのまま付きました^^/

マスタシリンダー 59800-24F10×1  ¥15435
パッキン     09161-10009×2  ¥73 ×2

交換する方は自己責任で交換してください
保安部品なので、自信の無い方はショップに任せたほうが良いです^^
スポンサーサイト

コメント

No title

なるほど~
流石のり助さん!丁寧な作業工程ですね(^^)

しばらく天気が悪く走れてないので晴れた日に思い切り楽しみたいものですねe-343

No title

丁寧ではないですが^^;
早く、試したいですが
晴れの日がなかなか無い上に
休みがなかったので・・・(-.-)
休みで晴れたら走りに行きたいですね(^^)

No title

なかなかナイスな交換と思います。

クラッチが軽くなるのいいですね。

No title

ありがとうございます^^
クラッチが軽くなると
ロングツーリングが楽になると
期待してます^^/
ハンドルネームをヨロシクです^^/

No title

すいません(汗

入力ミスでした。

No title

エアベンチさんでしたか^^
ジムでがんばってますね
また、暖かくなったら
ツーリング先での出会い
楽しみにしてます^^/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
リ ン ク
月別アーカイブ
カテゴリ